본문 바로가기 대메뉴 바로가기

About YESAN

ニュース及び公知事項

HOME お知らせ ニュース及び公知事項

礼山郡、アフリカ豚コレラの遮断対策に広域防除機を動員 글의 상세내용

『 礼山郡、アフリカ豚コレラの遮断対策に広域防除機を動員 』글의 상세내용을 확인하는 표로 Title, Department, Registration Date, Hits, att., 내용으로 나뉘어 설명합니다.

Title 礼山郡、アフリカ豚コレラの遮断対策に広域防除機を動員
Department webmaster Registration Date 2019-09-30 Hits 373
att.
jpg 파일명 : Yesan County Employs Broad-Area Disease Control Equipment to Stop the Spread of ASF.jpg Yesan County Employs Broad-Area Disease Control Equipment to Stop the Spread of ASF.jpg [0.114 mbyte] 바로보기
-利用可能な資源を総動員させて大々的な防疫消毒の実施-

礼山郡は、近頃京畿北部圏を中心にアフリカ豚コレラが急速に拡散するなか、近隣の洪城郡でも発生疑い通報が入り判定は陰性であったが、礼山郡への流入を遮断するために民官が手を取り、利用可能な資源を総動員して大々的な防疫消毒を実施している。

郡は、保有する防疫車両2台と共同防除団所属の車両6台を投入、また、消毒薬品1000kgを養豚農家に緊急配付し、26日からは食糧作物共同(トゥルニョク)経営体と農協で農業用として運営中の広域防除機5台を追加で動員し、防疫消毒を実施している。

特に、今回投入された農業用広域防除機は最大噴射距離150m、1回の散布可能量が4000リットルと、1日平均30haの面積を防疫することが出来る。また、一般小型防除機は、消毒が行いにくい近隣の脆弱地域や農場の奥の方など、遠距離防疫が可能であることが特徴である。

郡は、広域防除機1台あたり2~3の邑や面を割り当て、2週間かけて遮断防疫を行う方針であり、関連機関とともに豚コレラの拡散推移を見守りながら、農業用ドローンの投入も推進する予定である。

郡の関係者は、「近隣の洪城郡でも発生の疑い通報が入ったが、幸い陰性と判定された。しかし、拡散の憂慮は今なお持続中である」とし、「清浄地域である礼山を死守できるよう、防疫に全総力をあげて取り組む」とした。

郡によると、現在94の農家で21万頭の豚を飼育中にあり、9年間維持してきた清浄畜産地域としての評判を死守するために、総力を挙げて対応していく方針を維持していく意向である。

list

게시판 이전 및 Next 링크

뉴스 및 공지사항_일문의 이전글과 다음글을 보여주는 설명하는 표입니다.

before
Next