본문 바로가기 대메뉴 바로가기

About YESAN

ニュ?ス及び公知事項

HOME お知らせ ニュ?ス及び公知事項

礼山郡、今年自然ふ化したコウノトリのヒナ、初めての巣立ち 글의 상세내용

『 礼山郡、今年自然ふ化したコウノトリのヒナ、初めての巣立ち 』글의 상세내용을 확인하는 표로 Title, Department, Registration Date, Hits, att., 내용으로 나뉘어 설명합니다.

Title 礼山郡、今年自然ふ化したコウノトリのヒナ、初めての巣立ち
Department webmaster Registration Date 2017-05-31 Hits 1836
att.
 
礼山郡、今年自然ふ化したコウノトリのヒナ、初めての巣立ち
-今月12日と14日、コウノトリのヒナ2羽が巣立ち-
-今年3回目、放飼いのコウノトリが自然ふ化に成功、安定したきれいな自然清浄地域であることを立証-

今年初めての自然ふ化に成功したコウノトリ2羽が、今年12日と14日に巣立ちしたことを皮切りに、 放飼いのコウノトリが今年3回目の自然ふ化に成功、礼山郡が清浄地域として生まれ変わりつつある。

16日、郡によると、巣立ちしたコウノトリ2羽は、2015年に放飼いにされたコウノトリのハンファン(2013年生、雌鳥)とセファン(2013年生、雄鳥)夫婦のヒナで、昨年の秋から夫婦となったハンファン・セファンが、今年1月に光時面観音里にある人工巣塔に営巣し、2月に産卵、3月中旬に自然ふ化に成功、この間、エサを捕ってきてヒナに与えるなど、愛情を注ぎながら子育てをしてきた。

個体番号A81、A82の幼鳥2羽は、ふ化後、それぞれ63日と62日目に、今年野生で誕生した個体のうち初めての巣立ちが観測され、郡は、2羽のコウノトリのヒナが観音里周辺で活発に捕食活動を行っている姿を確認した。 

また、今回ふ化に成功したコウノトリ夫婦は、クックァン(2013年生、雌鳥)とセンファン(2007年生、雄鳥)で、それぞれ2015年と2016年に放飼いにされ、光時面矢目里の人工巣塔に営巣、今年3月末に4つの卵を産卵し、5月上旬にヒナ4羽のふ化に成功した。 

これによって、今年自然ふ化したコウノトリのヒナは、3月中旬のハンファン・セファン夫婦のヒナ2羽と、3月末にふ化に成功したマンファン・スンファン夫婦のヒナ5羽など、計11羽である。

このような成果を収めることが出来たのは、この間、郡、文化財庁、教員大学、LG常緑財団間の緊密な協力関係があったからこそである。 

特に、郡内の自然生態系が、絶滅危惧種が生息するほどバランスを保ちながらうまく維持されており、生態的に絶対的な保全価値を持つ地域、という客観的な指標となれるものと期待されている。

郡は、クックァン・センファン夫婦から誕生したヒナが元気に育つよう、光時面矢目里の放飼場周辺への立ち入りを統制しており、安定的な餌の供給と研究陣による丁重な観察を進めていく予定である。 
郡の関係者は、“コウノトリの巣立ちの時期が近づくにつれて、ヒナの行動や動作を一つ一つCCTVで注意深く観察するなど、格別の配慮をしてきた”とし“今年初めて自然ふ化に成功したコウノトリのヒナが、自然に適応するための第一歩を踏み出しただけに、今後、自然でどのように適応していくのかを温かく見守りながら丁重に観察するなど、立派に成長して空高く飛ぶことができるまで最善を尽くしたい”とした。 

また、“今年、野生で3回目に産卵した矢目里放飼場のコウノトリがふ化したことで、今年は11羽のヒナが野生でふ化した”とし“コウノトリの故郷、礼山でふ化したコウノトリが元気に育つよう、国民の皆さんには温かく見守っていてほしい”とした。

list

게시판 이전 및 Next 링크

뉴스 및 공지사항_일문의 이전글과 다음글을 보여주는 설명하는 표입니다.

before
Next