본문 바로가기 대메뉴 바로가기

About YESAN

ニュース及び公知事項

HOME お知らせ ニュース及び公知事項

禮山郡、「梅軒分かち合いの森」造成事業順調に進行 글의 상세내용

『 禮山郡、「梅軒分かち合いの森」造成事業順調に進行 』글의 상세내용을 확인하는 표로 Title, Department, Registration Date, Hits, att., 내용으로 나뉘어 설명합니다.

Title 禮山郡、「梅軒分かち合いの森」造成事業順調に進行
Department webmaster Registration Date 2015-07-24 Hits 2875
att.
 
禮山郡、「梅軒分かち合いの森」造成事業順調に進行
-ヒーリング空間造成で、郡民余暇活動及び福祉増進に貢献-


禮山郡が郡民の余暇活動及び福祉増進に貢献するために、4月に造成し始めた「梅軒分かち合いの森」事業が順調に進められている。

7月6日、郡によると、徳山面社洞里一帯に造成されている「梅軒分かち合いの森」は、昨年10月、山林庁傘下の公共機関である緑色事業団の公募事業に選定され、宝くじ販売収益金を財源とする緑色資金4億ウォンと郡費1億ウォンなど、総5億ウォンが投入される。

郡は1月、森造成のための設計用役を終え、4月、徳山面社洞里一帯総面積1万2559㎡(緑地面積1万965㎡)に対する造成事業に入った。

「梅軒分かち合いの森」は、「梅軒広場」を中心に春、夏、秋、冬をテーマに、四季の変化をはっきりと感じることができように、木を植林し様々な方向から出入りできるように造成する計画である。

また、既存の樹林帯と散策路、メタセコイア道と連携するようにし、丸太飛び石、森の中の教室、藤の花トンネル、砂利小川など、環境にやさしく住民が森を楽しみ散策できように、様々な施設物を設置する予定である。

郡は、10月まで造成が完了するように事業推進に万全を期しており、現在、土木工事と景観演出のためのマウンディング作業を完了した。

続いて、四季のテーマ別に松や梅、マサキ、チョウセンヤマツツジ、秀好草などを植えて森の中の教室、藤の花トンネル、黄土舗装、砂利小川などを設置する予定である。

郡は今回の森造成が完了すれば、郡民の余暇活動及び福祉増進に貢献するだけなく、来年の森林博覧会誘致の当為性確保及び、すでに誘致が確定した「2016年大韓民国温泉大祝祭」と連携して様々な活用が可能であり期待できる。

また、森の中の教室及び飛び石井戸、新しい家などを活用して、子供たちが森を感じ楽しみ、自然の尊さについて学ぶことができる学習空間となると思われる。

郡関係者は、「郡民が森を楽しみ自然の尊さを学ぶことができる森を作るために、造成事業に万全を期している」とし、「温泉を訪ねた観光客が本当の休息を感じることができように、自然親和的なヒーリング空間造成のために努力する」と述べた。

list

게시판 이전 및 Next 링크

뉴스 및 공지사항_일문의 이전글과 다음글을 보여주는 설명하는 표입니다.

before
Next